認定資格対策 サービス毎解説

【AWS認定資格 試験対策】AWS IAM

IAMは初学者の方にとって、試験範囲の中で最も理解しにくいサービスの一つかとは思います。さらに、様々なサービスと組み合わせて、様々な使われ方をする為、余計にややこしく見えるかもしれませんが、ただ、やはり、よく出題される重要ポイントはありますので、そのポイントから抑えて行けば、決して難しい問題ではありません。

【AWS認定資格 試験対策】Amazon CloudFront

以前は、Webサーバ、あるいはS3と組み合わせて、「配信の高速化」と来れば、「CloudFront」と答えられる単純なものでしたが、現在は、SAAでも、「CloudFront ディストリビューション」、「オリジンアクセスアイデンティティ(OAI)」等についても知っておく必要があります。

【AWS認定資格 試験対策】Amazon DynamoDB

DynamoDBは、RDSやAuroraとのユースケースについて違いをきちんと押さえておきましょう。DynamoDBは、NoSQL(Not only SQL)データベースといって、RDSやAuroraのようなRDBMS(リレーショナルデータベース)とは大きく異なる種類のDBです。

AWS認定資格関連

【完全解説】AWS認定資格 SAA おすすめ教材(無料・有料)

今回はSAA(ソリューションアーキテクト-アソシエイト)の試験対策教材を紹介します。SAAは非常に人気があり、試験対策教材も選択肢が多く、どれで選ぶべきか迷ってしまいます。今回は様々な教材を紹介しつつ、その中でもオススメの教材についても触れたいと思います。

【2021年最新】AWS認定資格の種類・難易度をわかりやすく解説(後編)

AWS認定資格には12種類あると前編でご紹介しました。そして非専門知識の6種類の資格についても説明しました。 AWS認定資格の種類・難易度をわかりやすく解説(前編)(非専門分野6種類) 今回は前編でご紹介していない、専門知識6種類について順番にご紹介をしていき ...

【完全解説】AWS認定資格 CLF おすすめ教材(無料・有料)

今回はCLF(クラウドプラクティショナー)の試験対策教材を紹介します。CLFはAWS認定資格の中で、最も取得しやすい入門的な位置づけの資格ですが、意外にも、選ぶことができる試験対策教材は多くはありません。これから試験準備を開始される方は是非、参考にされてください。

© 2024 A-COM(エーコム) Powered by AFFINGER5