AWS認定資格 教材・参考書 特集記事

【完全解説】AWS認定資格 CLF おすすめ教材(無料・有料)

AWS認定資格の受験準備をする際に迷うのが、「何の教材で勉強するか?」ということです。

そもそも、どのような教材が存在しているのか、よく分かりませんし、調べるのも面倒です。最近は、以前よりも、様々な動画教材、書籍も充実してきた印象もありますが、あったらあったで、どれにすればいいかも迷ったりします。

今回はCLF(クラウドプラクティショナー)の試験対策教材を紹介したいと思います。

全AWS認定資格の中でも、CLFの教材は多くはないものの、試験の難易度自体が最も低いので、他のAWS認定資格よりも少ない時間で準備はできるかと思います。

CLFでもいくつかの無料教材も配信されていたりもしますので、参考にして頂ければと思います。

CLF(クラウドプラクティショナー)試験対策教材一覧表

それでは、CLF(クラウドプラクティショナー)の教材を「AWS公式教材」、「動画教材:試験対策講座等」、「書籍:試験対策本」、それぞれ紹介します。

まずは、一覧で様々な教材を紹介したあとに、最後には、その中でもおすすめの教材をピックアップして紹介していますので、是非、参考にされてください。

AWS公式教材一覧

費用 言語 説明
AWS Cloud Practitioner Essentials (Second Edition) (Japanese) 無料 日本語
  • クラウドの概念、AWS のサービス、セキュリティ、アーキテクチャ、料金、サポート等、AWSクラウドの全体的な説明
  • CLF(クラウドプラクティショナー)の試験対策にも役立ちます。
  • 「AWSとは?」を学ぶには最適。
  • APN(AWS Partner Network)アカウントでのログインが必要になります。(このアカウントは受験時にも必要になります。)
AWS 認定クラウドプラクティショナー AWS Certified Cloud Practitioner (CLF-C01) 認定試験の質問例 無料 日本語
  • CLFの予想問題10問、解説もあります。
  • 出題形式を確認したい場合に使用するのが良いかと思います。

動画教材一覧(試験対策講座等)

認定資格試験の準備に動画教材はかなり有効です。やはり、テキストや、挿絵だけで学習するよりも、実際のマネージメントコンソール等を動画として見ていく方が、頭に入りやすく、また実用的であるとも言えます。

CLFの資格試験、あるいは、初学者の方の為の動画教材を、各々特徴に触れながら説明しますので、教材選びの参考にして頂ければと思います。

Udemy

UdemyでAWSを学ばれている方はかなり多いのではないでしょうか?

試験対策に特化した講座もありますので、こちらでで紹介します。選択肢はあまり多くありませんが、選ぶとすれば、ここで挙げている2つの教材のいずれかになるかと思います。一つは、完全に模試に特化した教材、もう一つは実際に手を動かして覚えるハンズオン系の教材(模試も含まれます。)のいずれかです。

なお、Udemyでは、頻繁にセールを行っていますので、購入するのはセール時が良いです。セール時には数分の一の金額で購入が可能です。また、30日の返金保証がありますので、安心して購入できます。

書名/説明
この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)
言語:日本語
  • 7回分の模試、合計455問(問題、回答、解説)収録。
  • 基本レベル:2回分(130問)、応用レベル:3回分(195問)、高難易度レベル2回分(130問)
  • 動画での解説はありません。
  • 後ほど詳細を説明します。
受講者:約9,000人
評価:4.2
これだけでOK! AWS認定クラウドプラクティショナー試験突破講座(豊富な試験問題290問付き)
言語:日本語
  • 理論解説ビデオ+ハンズオンビデオ+ミニテスト+模擬試験2回分を収録。
  • 模試だけでなく、説明動画を見て学びたい、もしくは、実際に手を動かして、覚えたいという人には最適。
  • 後ほど詳細を説明します。
受講者:約9,000人
評価:4.1

Whizlabs

英語にはなってしまいますが、Udemy以外にもAWS関連の動画教材を配信しているプラットフォームはいくつか存在します。

その中でも、特に評価が高いのが、アメリカのWhizlabsです。

実は、日本語のAWS認定資格はたまに翻訳が間違っていたり、日本語としては、問題があったりもします。エンジニアの中でも、英語をあわせて学習しスキルアップに繋げたい方、また、前述する日本語のAWS試験が肌に合わない方の中には、英語で受験する方もいます。

ご自身のステータス、キャリアプランにあわせて英語で受験してみても良い、という方にはオススメです。

言語 受講生数 説明
AWS Certified Cloud Practitioner
英語 約26,000人
  • 無料模試(20問)、模試(675問)、約18時間のCLF試験に最適化された解説動画の3から構成されています。
  • 有料の模試と動画もUdemyよりもかなり安価な価格設定になっています。
  • 多くの受講生からかなり高い評価を得ているコースですので、内容としては、間違いないかと思います。
  • 英語にあまり抵抗がない、あるいは、英語で受験したいという方は是非。

書籍一覧(試験対策本)

試験の内容や特定のサービスを理解したり、出題ポイントを体系的に把握するという点では、書籍はかなり有効です。まずは、書籍を買って、その試験の内容、出題範囲、出題傾向等を把握する方も多いのではないでしょうか?

ただ、気をつけるべきなのは、書籍だけで合格はまず無理ということです。書籍の中では、「この一冊で合格」的なことは書いてありますが、実際は、かなり厳しいと思います。

ただ、(個人によって感想は異なるかとは思いますが)全て見た結果、最もわかりやすかった書籍については、オススメとして後ほど詳細を紹介します。

書名/説明
AWS認定資格試験テキスト AWS認定 クラウドプラクティショナー
  • CLF対策の書籍としては最も有名です。
  • 試験概要、AWSクラウドの全容、また、試験対象範囲となるAWSの各サービスについて説明しています。
  • CLF試験を概要を知るには、最適な一冊です。
  • Kindle版あり
一夜漬け AWS認定クラウドプラクティショナー 直前対策テキスト
  • 試験概要、AWSクラウドの全容、また、試験対象範囲となるAWSの各サービスについて説明しています。
  • AWSの各サービスの説明はかなり網羅的に説明されているので、
  • 模擬問題を1回分をダウンロードすることができます。
  • Kindle版あり
  • 後ほど詳細を説明します。
AWS認定 クラウドプラクティショナー 模擬問題集
  • 表紙に記載あるとおり合計130問(65問×2回)の問題集です。
  • Kindle版のみ
  • 「問題+解答解説」と「問題のみ」の2パターンが収録されているので、例えば、「見直しだけしたい」というときは、「問題+解答解説」を使って、素早く確認することが可能。
  • 実際の試験の問題にもかなり近い印象を受けます。
  • Kindle版のみ

厳選!!AWS認定資格 CLFおすすめ教材

上記の教材一覧の中から特におすすめしたい教材を紹介します。

様々な合格者の声を総合すると、すでにAWSを触ったことがあったり、知識がある方は「この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)」だけでも、合格は可能だと思います。

ただし、もう少し、「そもそもAWSって何?」という方もいらっしゃるかと思いますので、「この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)」以外にも、模試以外の「AWSを知る為の教材」を紹介します。

この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)

この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)

まず、既に書いたように、この模試教材で実際の試験に備えることで、合格の可能性はかなり上がります。もちろん、何周もすればなおさらです。

例えば、すでに業務でAWSを使っており、ある程度のサービスは知っているという方であれば、この教材だけで、正直言って事足りるかと思います。

「すでに業務でAWSを使っているなら、この教材すら、不要では?」という方もいらっしゃるかもしれません。ただ、試験の問題は独特な視点から、独特な聞き方をしますので、AWSを業務で使っていても、この問題集で準備をすることは全く無駄ではありません。

また、この教材以外に、以下に2つの教材を紹介しますが、基本的にこの教材に変わるものではなく、この教材にさらに追加で学びたい場合に、以下で紹介する教材も選ぶようなイメージになるかと思います。

前述のとおり、AWSにある程度の習熟度があるならば、この教材のみで問題ありません。

それだけ、CLFを受験する上で、受けておいた方が良い、模試教材です。

概要

  • 模擬試験内容:7回分(455問=7回×65問)
  • 言語:日本語
  • 定価:3,600円
  • 受講生:約9,000人(2020年12月時点)
  • Udemy上の評価:4.2 (2020年12月時点)

このコースを見てみる

30日間返金保証\

 

これだけでOK! AWS認定クラウドプラクティショナー試験突破講座(豊富な試験問題290問付き)

これだけでOK! AWS認定クラウドプラクティショナー試験突破講座(豊富な試験問題290問付き)

こちらの教材は、模試だけでなく、確りと、CLF試験の説明や、AWSの全体像、あるいは、各サービスについての説明が行われます。

また、何より、実際にAWSアカウントを作って手を動かしながら進める、ハンズオン系のビデオとなりますので、そもそも「AWSって何?」という方や「ただの試験対策で終わらせずに、実際にAWSを自分で操作しながら学んで行きたい」という方には適した教材です。

模試も2回分付いていますが、十分と言えるほどのボリュームではありませんので、すでに説明した「この問題だけで合格可能!AWS 認定クラウドプラクティショナー 模擬試験問題集(7回分455問)」はやっておいた方が良いかと思います。

概要

  • 言語:日本語
  • 時間:10.5時間
  • 定価:7,800円
  • 受講生:約1,700人(2020年12月時点)
  • Udemy上の評価:4.1 (2020年12月時点)

このコースを見てみる

30日間返金保証\

 

一夜漬け AWS認定クラウドプラクティショナー 直前対策テキスト

一夜漬け AWS認定クラウドプラクティショナー 直前対策テキスト
created by Rinker

こちらも、模試に加えて、試験の全容、あるいは、試験範囲となるAWSサービスを網羅的に説明している教材です。

また、上記で3冊挙げた中で、こちらを選んだのは、AWSサービスの網羅性です。

他の書籍もある程度はAWSの各サービスについて、解説が載っていますが、やはり、主要なサービス+αであったり、実際の試験よりも、取り扱われているサービス数が少ない印象です。

ただ、こちらの参考書であれば、ほぼ、漏れがない程にAWSサービスを広く説明してくれているので、便利です。

もちろん、インターネット上には、各サービスの説明が掲載されたページもありますが、やはり、初学者目線でわかりやすく説明してくれているページは少なかったりもしますので、たとえば、この参考書を片手に模試の見直しをすると、効率も上がるのではないでしょうか?

 

まとめ

CLFは全12種類のAWS認定資格の中でも、最も難易度の低い入門的な資格となります。

資格取得までにそれほど長期間の準備・勉強は必要ないかとは思いますが、一方で、その限られた時間の中で、どのように勉強するべきかについては、正直、迷うところです。

前述するとおり、「AWSは全くの初学者か否か」等、AWSに対する習熟度によって、必要とされる教材は異なるかと思いますので、ご自身に合ったものをご紹介したものの中から選んでみてはいかがでしょうか?

他のAWS資格試験についても教材をご紹介していきたいと思いますので、是非、参考にされてください。

-AWS認定資格, 教材・参考書, 特集記事

© 2021 A-COM(エーコム) Powered by AFFINGER5